冬のボーナス平均80万超?

 先日の新聞に「この冬のボーナスの平均が80万超・・・」と載っていた。一体何の平均なのでありましょうか?おそらく、頭に「大企業の」とか「一部上場企業の」という枕詞が脱落しているのではないでしょうか?大不況に喘ぐ中小零細企業に務める一般庶民も読んでいる新聞が、あんな数字を何で?「平均」と書くのでありましょうか?

 CIBのアンクルうっちー、死んだおふくろから「上ばっか見るな!」「ひがむな!」と、口喧しく育てられて参りましたので、お金持ちがいても何の文句もありませんが、「平均」が自分を取り巻く環境より、かなり上の方にあるのか?と思うと、いやいや、寂しいやら、口惜しいやら・・・アハハ・・もう、笑うしかありません。

 日本における中小零細企業(個人事業も含む)の数は全事業者数の99%以上だそうですから、僅か1%未満の企業のボーナス支給額を「平均」とは言わないで欲しいものであります。

 

10月19日(水) 第三水曜日定例となった、シンガーソングラータ・樋口了一さんのLIVE。この夜もいろんな歌を聴かせてくれました。いつものギターに加えて、ピアノの弾語りにも挑戦されたりして、いやいや、いつも素敵なLIVEであります。

p1170193p1170190

 

 

10月20日(木) Tane-Kaba feat 村上”PONTA”秀一 Tour Live。ピアニスト&キーボーディスト・種子田博邦とチェロの蒲谷克典に、ドラムのPONTAさん。チェロとドラムで、一体どうなるんだろう?と思うような編成でありますが、いやいや、サスガ!であります。NHK交響楽団等でも活躍している蒲谷さんのチェロとの調和はバッチリ!でございました。

p1170199p1170198

 

  


Geila Zilkha(ギラ・ジルカ) Live in CIB

 10月17日(月)、CIBではGeila Zilkahという女性 Jazz Vocalistのライブが開催された。イスラエル人の父と日本人の母の間に日本で生まれ育った彼女は保育園からハイスクールまでインターナショナルスクールで学んだ後、ボストンのバークリー音楽院を卒業。英語と日本語のバイリンガルで、Jazz Vocalも本場仕込みである。

 CIBでのライブを前に所属事務所から送られてきた彼女の2枚のアルバムを聴かせてもらったが、本当に素晴らしい・・・同時に送られてきたフライヤーには「ここまで強烈なジャズ・フィールを感じさせるシンガーが、今まで日本にいただろうか・・」「あとは今作でギラが自分を解放して歌うだけだった。様々な要因が彼女の背中を押し、彼女は裸の心で歌った・・」との評が載っていたが、宣伝用の過大評価ではなく、まさに、その通りのアルバムだった。

 CIBのアンクルうっちー、なんとか、このGeilaのライブを成功させようとチケット売りに頑張ったのでありますが、如何せん、まだ熊本では知名度が低く、口惜しい事になかなか売れません。最後は、「頼むけん、来てくれ!」と泣きの一声で集まった客が、やっと30人である。

 しかし、そのライブはCD以上に、超・超・素晴らしかったのであります。オヤジうっちーに無理矢理、チケットを買わされた連中が、帰り際に言ってくれました。「仕方なく来たけど、いやぁ~良かった、感動した。」「お前にチケット買わされたけど、なんか、それ以上に得をした気分になった・・」と。いやいや、嬉しいではありませんか。

 その素晴らしい音楽性・感性・歌唱力、英語はペラペラのバイリンガルなのにMCでは、必要以上に英語をチラつかせるどころか、日本語・・・それも関西弁という親しみ易い人柄である・・・いろんな事が判ってる彼女のボーカルを聴き逃した貴方!・・・・チョット、損をしましたね。次回は必ずGeila Zilkahの歌を聴いてみて下さい。

p11701791p1170189


地産地消

 ああ、また一ヶ月もブログをサボってしまいました。サボり過ぎた還暦オヤジはパスワードまで忘れてしもうて・・・・情けなかデス。

 今や世界的な大不況の中、ニューヨークに端を発した、働きたくても就労出来ない若者達の、「僅か1%に満たない富裕層の富の独占」に対する不満・抗議の集会は、ヨーロッパにも飛び火して、そのうち日本を始め、世界中に広がりそうな気がします。

 東ドイツや旧ソビエト連邦の崩壊で共産主義の限界を見たかと思いきや、今度は資本主義の限界を見るのかも?であります。

 世界経済のグローバル化による熾烈な価格競争に勝たんが為、企業はコストダウンを計る事が、生き残りの術であるとばかりに、人件費や諸物価の安い発展途上国に生産の拠点を移し続けた結果、アメリカでも日本でも、今や、自国民の働く場所が少なくなってしまった。更には、パソコンやインターネットの凄まじい進歩・普及により、いろんな産業・業種が姿を消そうとしている・・・

 そもそも、企業の使命とは、その国、その地域での雇用を創出し、適正な納税により、その社会に貢献する事だったと思うのでありますが、雇用機会も納税額も減る一方で・・・いやいや、大変!であります。

 昨今、叫ばれ始めた「地産地消」の理念を、農産物に限らず、全ての産業において普及させたいものです。貿易の自由化を否定するものではありませんが、先ずは日本で、日本人が作った物を、日本人が買う・使う・食べる!事を心がけましょう。

 

 10月14日(金) スペイン人カンタオーラ招いてのフラメンコライブ! ギター&唄・・・そして踊り、いやいや、もう、最高!でございました。

p1170161p1170170

 

 

10月15日(土) American Rock Band、The BLISS。今夜はサックスも入って、いい感じでした。今夜はKenichiの誕生日。皆で♪ Happy Birthday to Kenichi~♪

p1170172p1170173


祭りも雨かな?

 9月17日(土) 明日はボシタ祭り、CIBのアンクルうっちーも参加の予定でありますが、このところ台風の影響や低気圧の前線が停滞しており、どうもお天気の按配は「不」のようであります。

 今夜のCIBでは、「クレストフォー・シンガーズ ディナーショー 2011 」が開催されました。ボーカルの坂口昌子さんは熊本の出身で、東京で活躍された後、現在は熊本在住だそうです。スタンダードからポップスまで素敵な歌声を聴かせてくれました。

p11609541p1160952

 

 

 ディナーショーの後は、毎月、第三土曜日の定番、American Rock Band  The BLISSのライブ。今夜もご機嫌なRock’n Rollを聴かせてくれました。

p1160959p1160962

 

 

 さぁ、明日はお祭り、CIBはお休みです。明後日の「Kenshiro’s Bar at CIB」に備えて会場の設営も完了。なんでも150人くらいのファンが来る予定とか・・・重いテーブルを店外に運び出したり・・・ああ、オヤジのカカトがまた痛くなってきた。キッチンのうっちゃんは、早々と法被に着替えて、祭りの準備も完了です。

p1160967p1160963


ひさしぶり・・・

 あ~、久しぶりにブログしてます。毎日、いろんな写真撮ってるんですが、なかなか掲載出来ません。CIBノアンクルうっちー、写真だけでも載せておけばいいものを、ついつい、いたらん文章を書きたがるというか、何というか・・・だから時間が足りないのであります。けっこう、オヤジのブログを覗いてくれてる人も多く、こんなにサボると「病気してるんじゃ?」とか「死んどらんね?」・・・と、あちらこちらで言われてしまいます。何とか「生きてる証拠」だけでも残さねば・・・

 

 まさに「鍵盤の魔術師」テディ・池谷さん、CIB開店以来6年間、毎月第三金曜日に演奏して頂いてますが、何十回聴いても飽きる事はありません。いやいや、素晴らしい。

p1160947p1160946

 

 

 忘新年会の広告に載せる写真撮影が行われました。今回の目玉は「魚介たっぷりのパエリア」と「阿蘇自然豚のスペアリブ」。写真撮影の後、いやしんぼうのオヤジうっちー、試食をしてみましたが・・・う~ん、うまか!デス。

p1160937p1160938

 

 

 藤崎八幡宮秋季例大祭(ボシタ祭り)の飾卸。青年江原会の皆さんが「CIBのいやさか」を祈念して、威勢のいい祭囃子&踊りを店の前で披露してくれました。オヤジうっちーも参加する予定でしたが、足のカカトを痛めて断念。なんとか、18日の本祭りまでには治して参加せねば・・・

p1160931p1160932


美魔女ミラクルチェンジ?

 8月21日(日) CIBでは、いつものイベントとはちょっと変わった「美魔女ミラクルチェンジ コンテスト 熊本地区予選」なるものが開催されました。結婚・出産・加齢等で、少々、変形・劣化した体形やお肌を取り戻したいというか、まぁ、若返りと申しますか、アンチエイジングとでも言うのでしょうか・・・。この美容方により、短期間で減量に成功したり、お肌の色艶がよくなったり、バストが大きくなったりと、その成果を実際に体感されたという御婦人方が20人くらい、レオタード姿で、CIBの店内をファッションショーの如く、ポーズを決めて闊歩されてました。

 CIBのアンクルうっちー、あまり慣れない光景に、居場所が無いというか、目のやり場が無いというか・・・お話しだけはちゃんと聞いておりましたが、“自分の未来を決めて、期限を定めて、努力する!” “脂肪を揉んで動かし、上半身の脂肪は胸に集め、下半身の脂肪はお尻に集める!”のだそうです。う~ん、勉強になりました。

 残念だったのはコンテストの応援に駆けつけた友人・家族の中に男性が、たった一人しかいなかった事であります。オヤジうっちー、暇に任せて、いろんな理由を考えて見ましたが、①女房のレオタード姿を見るのが恥ずかしい。②今さら、見たくも無い。③女房が亭主に内緒でやっている。④亭主には見せたくない・・・・いろいろあるかも知れませんが、まぁ、旦那は金だけ出してくれればいいのかも?であります。

 いやいや、しかしながら、女性が美しくなるのは大いに結構な事でございます。あの会場の中にたった一人だけ応援に来られた男性は偉か!・・・であります。

p1160802p1160805


ポケットティッシュが欲しかった・・・

 CIBのアンクルうっちー、30歳前後から頭髪が薄くなり始め、バーコードヘッドだけは避けたいと、薄くなるにつれ、短く整髪していたら、還暦を迎えた現在、ほぼ、スキンヘッド状態になってしまった。お陰で何処から突風が吹こうが、雨が降ろうが全天候対応型・・・と言いたいところだが、強烈な日差しにはチョット弱い・・・。人間、おかしなもので、櫛やブラシで髪の毛をとく必要が無くなると、朝から洗面所の鏡で、自分の顔をジックリ見る事も無くなるのであります。しかし、これではいけない!男たる者、朝から自分の顔を鏡でしかと眺め、その顔に出た精神の歪みを戒め、自身を叱咤激励せねば!と思い、鏡を見る動機づけとして、20年ほど前から髪の替わりに髭を生やす事にしたのであるが、スキンヘッドに髭ヅラとなった現在、知らない人からすれば、ともすると、「怖いオヤジ」「危ないオヤジ」に見えるらしい・・・・

 今日は朝から寝冷えでもしてしまったのか?鼻がグズついておりました。アーケード街を歩いていると、前方にポケットティッシュを配っているお兄さんが・・・・「おっ、丁度よかった。俺もティッシュを貰おう」って期待していたのであるが、オヤジの直前まで満遍なくティッシュを差し出していたお兄さんが、オヤジの番になると、急に姿勢を正して、持っていたティッシュを引っ込め、後ろ手に組んで、会釈するではありませんか・・・・お兄さんはオヤジの事を何だと思ったのでありましょうか?・・・気の弱いオヤジは「おじさんにもティッシュ頂戴!」なんて言えもせず、通り過ぎてしまったのであります。あ~、悲しかデス。口惜しかデス。ティッシュが欲しかったとデス。

 

 CIB、昨夜のLIVEは、American Rock Band・The BLISS。熊本在住のアメリカ人3人と日本人3人で編成されているロックバンド。1960年代くらいからの、オヤジうっちー達にも馴染みのある曲を演奏してくれるのでありますが、最近はオリジナル曲も増え、ファーストアルバム作成の為、現在、レコーディング中だそうです。彼らは、いつも日本人以上に礼儀正しいのでありますが、オヤジうっちー、喜んでいいのか?悲しむべきなのか?・・・・日本人もしっかりせんとイカン!です。

p1160791p1160794


風評被害

 夕方、御婦人からお店に電話が掛かってきた。

「あの~、おたくのお店では、お野菜は何処産の物を使われてますか?」。

CIBのアンクルうっちー、想定外の質問に、若干、たじろぎながら「おそらく熊本県内の物だと思いますが・・・」

「全てのお野菜が間違いなく熊本県産のものですか?」

「いや~、まだキッチンのスタッフが出社しておりませんので、私では、申し訳有りませんが、そこまで把握しておりません。」

すると「お魚は何処で捕れた物ですか?」 「お肉は何処産の物ですか?」・・と矢継ぎ早の質問攻めに、オヤジは自分の店で扱っている食材に対する知識の無さを、改めて思い知らされ、嘆きながらも、恐る恐る聞いてみた。

「何か、当店の料理に問題でもあったのでしょうか?」

すると「いや、今、東北地方の物だと、放射能とか、いろいろ問題があると思いまして・・・」

 なぬっ?この頑固オヤジは、大震災以来、数回にわたりチャリティライブを開催して義援金を届けたり、東北地方の産物でも問題のない物は使用したいと、微力ながらも「支援の心」を持っていたものですから、この言葉にオヤジの石頭は、カチ~ン!とスィッチが入ったのであります。「エ~イ!自分の事ばかし考えやがって・・・」と、勿論、心の中で叫びながら

「それで、お客様には、ご予約かなんか頂いているのでしょうか?」と、尋ねると、

「800円食べ放題!の ランチバイキングは、まだ、やってますか?」・・・・ガ~~ン! 

「放射能の数値よりも気にすべきは、あんたの体重や体脂肪率じゃないと!」と、爆発寸前の暴言を飲み込み、冷静を保って、「大変申し訳有りません、その企画は、5月をもって終了致しました」・・・・

いやいや、食材の産地を明確にして、お客様に安心・安全な「食」の提供を心がけるのは事業者として、当たり前、当然の事なのでありますが、なんで?この馬鹿オヤジは怒っているのか?自分でも釈然としないものがあります。まだまだ、修行が足りません・・・失格です。

 

 CIB、昨夜のLIVEはLatin Pianist・テディ池谷さん。現在でも毎月、関東・関西でも演奏活動をされているテディさんのピアノは、まだまだ健在!なり。

p1160789p1160790

 

 

 キッチンのチーフ・うっちゃんが、オヤジに「まかない」で作ってくれた「ロコ・モコ」。元来、ハワイ生まれのファストフードで、ハンバーグと目玉焼きがのった丼メシみたいなものですが、いろんな具材をのせてもらって楽しんでます。

p1160759p1160500   


元気しとります・・・

 CIBのアンクルうっちー、このところ何かと忙しくて、なかなかブログに手が届きません。オヤジのブログを覗いてくれてる皆さんから「最近、ブログの更新が無いけど、元気ね?」「死んどらんね?」・・・とご心配頂いております。いやいや、オヤジうっちー、元気であります。写真は毎日撮ってるんで、写真だけでも載せておけばいいものを、オヤジはついつい、いたらん文章を書きたがるものですから、その時間が足りないのであります。今回も溜まりすぎて整理がつかず、沢山の写真が「ボツ」になりました。すんません・・・

 

8月13日(土) 熊高51会の皆さんの同窓会二次会。CIBでの二次会は同級生でバンド演奏をしよう!って事で、管楽器からギター、バイオリン、ピアノ、ドラム、ボーカルと多彩な顔ぶれが登場。いやいや、同級生だけで、こんな事がやれれば楽しいですよね。

p1160767p1160761

 

 

8月14日(日) 元C-C-Bのドラム・ボーカルの笠 浩二さん率いる「Ryu’s」のライブ。東京からギタリスト&ベーシストを迎えての3人編成でしたが、さすがにプロのLIVE!  結構な大音量なのでありますが、喧しくないのであります。関東や近畿地方から熱心なファンも来られいて、いやいや、笠 浩二健在なり!!

p1160771p1160772

 

 

8月17日(水) 7月から第3水曜日の定期LIVEとしてスタートした、シンガーソングライター・樋口了一さんのライブ。今回も満員のお客さんが集まり、大盛況となりました。オリジナルソングは勿論ですが、懐かしいカバー曲も披露され、毎回、楽しみなライブであります。

p1160784p1160783


独身税?

 7月23日(土) CIBでは、税理士さん達の講演会・懇親会が開催されました。幸山市長による「新幹線開業と政令指定都市について」と題しての講演 & 松野頼久議員による「国会における税制改正法案の進捗状況」が報告されました。

 講演後の質疑応答で、ある税理士先生から「少子高齢化社会で人口も税収も減る一方です。いつまでも結婚しないで子供を作らず、独身貴族を横臥している者には“独身税”を課しては如何でしょうか?」との提案があり、少々乱暴ではあるがユニークな御提案に場内沸いておりました。松野議員も「う~ん・・・・・・」と、言っておられました。

p1160614p1160615

 

 

 今夜のCIBのLiveは久留米からのシンガーソングライター・TOMOちゃん。彼女の聴く人を包み込むような歌声は最高!であります。

p11606171p11606181

 

 

 7月24日(日) 今日は大安だったんですね。どうりでCIBでは二組のブライダル二次会のダブルヘッダー。夕方4時半からは、自らのピアノ教室の発表会をCIBで開催してくれた“なっちゃん先生”のパーティでした。CIBのアンクルうっちー、カウンターの中から「なんか、あの新婦は見たことあるねぇ~」と思っていたら、“なっちゃん先生”ではありませんか・・・早く言ってくれれば、なんなっと?サービスしたのにぃ~。

p1160626p1160629

 

 

 7時半からの二組目はKenta & Yokoさんのブライダル二次会です。こちらも大勢のお友達が参加して大盛り上がりのパーティとなりました。新郎・新婦、お幸せにぃ~っ!!

p11606311p11606481


« 前のページ次のページ »

« 11 月 2018 7 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31