風評被害

 夕方、御婦人からお店に電話が掛かってきた。

「あの~、おたくのお店では、お野菜は何処産の物を使われてますか?」。

CIBのアンクルうっちー、想定外の質問に、若干、たじろぎながら「おそらく熊本県内の物だと思いますが・・・」

「全てのお野菜が間違いなく熊本県産のものですか?」

「いや~、まだキッチンのスタッフが出社しておりませんので、私では、申し訳有りませんが、そこまで把握しておりません。」

すると「お魚は何処で捕れた物ですか?」 「お肉は何処産の物ですか?」・・と矢継ぎ早の質問攻めに、オヤジは自分の店で扱っている食材に対する知識の無さを、改めて思い知らされ、嘆きながらも、恐る恐る聞いてみた。

「何か、当店の料理に問題でもあったのでしょうか?」

すると「いや、今、東北地方の物だと、放射能とか、いろいろ問題があると思いまして・・・」

 なぬっ?この頑固オヤジは、大震災以来、数回にわたりチャリティライブを開催して義援金を届けたり、東北地方の産物でも問題のない物は使用したいと、微力ながらも「支援の心」を持っていたものですから、この言葉にオヤジの石頭は、カチ~ン!とスィッチが入ったのであります。「エ~イ!自分の事ばかし考えやがって・・・」と、勿論、心の中で叫びながら

「それで、お客様には、ご予約かなんか頂いているのでしょうか?」と、尋ねると、

「800円食べ放題!の ランチバイキングは、まだ、やってますか?」・・・・ガ~~ン! 

「放射能の数値よりも気にすべきは、あんたの体重や体脂肪率じゃないと!」と、爆発寸前の暴言を飲み込み、冷静を保って、「大変申し訳有りません、その企画は、5月をもって終了致しました」・・・・

いやいや、食材の産地を明確にして、お客様に安心・安全な「食」の提供を心がけるのは事業者として、当たり前、当然の事なのでありますが、なんで?この馬鹿オヤジは怒っているのか?自分でも釈然としないものがあります。まだまだ、修行が足りません・・・失格です。

 

 CIB、昨夜のLIVEはLatin Pianist・テディ池谷さん。現在でも毎月、関東・関西でも演奏活動をされているテディさんのピアノは、まだまだ健在!なり。

p1160789p1160790

 

 

 キッチンのチーフ・うっちゃんが、オヤジに「まかない」で作ってくれた「ロコ・モコ」。元来、ハワイ生まれのファストフードで、ハンバーグと目玉焼きがのった丼メシみたいなものですが、いろんな具材をのせてもらって楽しんでます。

p1160759p1160500   

人気ブログランキングへ

トラックバックURL

http://cib-co.jp/blog/diary/5283.html/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

« 11 月 2017 10 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31