運転手さんが固まった話・・・・

 脳出血で突然倒れ、そのまま意識の回復する事もなく亡くなってしまった義兄(姉婿)の通夜・葬儀は親族だけでとり行う事になりましたが、会場となった戸島の熊本市斎場(通称・火葬場)に隣接する式場には、義兄と親交の深かった友人・知人達が、みんな通夜の晩から泊り込みの着替えまで用意して沢山集まってくれました。7時からの通夜の法要の後、みんなで故人を偲びながら食事したり、お酒を呑んだり・・・・すると、誰からともなく、「せっかく集まったとだけん、麻雀しようか?」・・・・通夜の晩に「麻雀しよう」なんて、誠に不謹慎な話のようでございますが、亡くなった義兄もCIBのアンクルうっちーも「大の麻雀好き」でありまして、今夜、着替えまで持参して来てくれた連中はみんな、その仲間であります。義兄がこのメンバーで、もう一度麻雀したかったに違いないメンバーばかりであります。「うん、そんなら弔い麻雀に行こう!」と話はすぐにまとまってしまい、戸島町の隣り、小山町にある雀荘までアホな6人を甥っ子が車でピストン輸送してくれました。

 4人でする麻雀を6人で交代しながらやってましたが、さすがに仮通夜の夜から寝不足のうっちーと、明日は仕事があるというK君は「4人いる事だし、俺達はそろそろ帰るか?」って事になり、雀荘のオヤジにタクシーを呼んでもらったのであります。すると、やがてタクシーが到着・・・・運転手さんが「お待たせしました。どちらまで?」うっちーは言いました「火葬場までお願いします。」・・・・すると運転者さんがみるみる固まっていくのが手に取るように判るのであります。運転手さんの立場になって考えてみるに、真夜中の4時、辺りは真っ暗、極冷えの中、見知らぬオヤジ達が乗り込んで来て、行き先は更に真っ暗で人里離れた「火葬場まで」なんて言われたら、やっぱ固まりますよね・・・・「こんな時間に火葬場まで何をしに行かれるんですか?」とか聞くことも出来ないで固まっている運転者さんの様子を察したK君が、「運転手さん、うしろば振り向いたら誰も乗っとらんかも?・・・とか思ってませんか?」・・・・すると運転手さんも「ハイ、正直言うて気色の悪かです」・・・・・てなわけで、事情・状況を説明しながら目的地に辿り着くと、運転手さんも安心したのか?逃げるように帰って行かれました・・・であります。

 2~3時間仮眠をとると、やがて夜が明け、会場の外に出てみると東の空からの朝焼けが、やけに綺麗な朝でありました。きっと、亡くなった義兄さんも喜んでくれたのでは??と馬鹿な義弟は勝手に思っている次第であります。

p1020008p1020009

 

 葬儀、火葬、そして健軍の料理屋での「精進あげ」まで終り、自宅に帰り着いたのは夕方の5時でありました。2時間ほど仮眠して、CIBに出ると、団体のパーティーが終り、これから今夜のLIVE、American Rock Band: The BLISSの登場!であります。今夜はお客さんが一杯!外人さんも一杯!であります。

p1020013p1020017

 

 The BLISSのドラマー・Mr.Jerry(左)の娘さん(右)が旦那さん(中央)と一緒にご来店。昨日、アメリカから熊本に遊びに来たそうです。うっちー、流暢な英語で、Oh! Nice to meet You! 

p1020016

 

 Mr.Jerryが呼んでくれた女の子達がCIBに初めて来てくれました。女の子達はどうやら、うっちーの事を「YAZOO」のマスターと勘違いしている様でありました。「YAZOO」はMr.Jerryもよく行く、BluesのCDが沢山ある、うっちーもよく行く素敵なお店で、そこで女の子達はMr.Jerryと出会ったらしいです。YAZOOのマスターも、うっちーもハゲで坊主頭、しかも髭ヅラなんですが、女の子達にはそれだけでみんな同じに見えるんでしょうね?早く「違いの判る女」に成長してほしいものであります。

p1020015

 

 うっちーと同じ誕生日のHIDEMIさんが娘さんとご来店。二人とも綺麗か~・・・であります。

p1020018

 

 外国人のお客さんが多いのもあって、Let’s go Dance!   Let’s enjoy Tonight!

p1020020p1020021

人気ブログランキングへ

トラックバックURL

http://cib-co.jp/blog/diary/2278.html/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

« 11 月 2019 9 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30