誰が為(たがため)にバスはある?

 CIBのアンクルうっちー、先日、いつもの愛犬パティとの散歩の途中、なかなか大した物に出くわしました。県立高校の野球部のOB会が「遠征用のバス」を持っているとです。昔は、所謂、強豪校と言われる私立の野球名門校しか「専用バス」は持っていませんでしたが、最近では、けっして「強豪」とまではいかない公立校の野球部まで、まさに、だっでんかっでん持っとります。しかし、OB会がバスを持っているってのは珍しいですね。OBの先輩達は、今も尚、純粋に白球を追いかけたあの頃が忘れられんとでしょうね。頑張れ!オヤジ!バスはオヤジ達の為にあるとです。

 藤崎台球場正面にある、大きな銀杏の木も、鮮やかな黄色の葉を落とし始めました(左)。そして、これがOB会の「遠征バス」であります。でも、「OB会による寄贈」だったりして・・・・

p1010493p1010492

 

 CIBのアンクルうっちーの散歩コースの休憩地点であります、藤崎台の千年クスノキ群の「太郎」の前にやって参りました。「太郎」の脇の下から金峰山を望む光景が、うっちーのお気に入りポイントであります。ここで毎日、感謝したり、反省したり、懺悔したり、おすがりしたり・・・・けっこう、忙しかとです。

p1010494

 

 今夜のCIBのライブは、熊本の若手・中堅ミュージシャン、「有働麻子カルテット」の皆さん。なかなかいい雰囲気でありました。

imgp1015imgp1017

人気ブログランキングへ

トラックバックURL

http://cib-co.jp/blog/diary/1999.html/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

« 11 月 2018 9 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30