お天道様の光

 明日は42年ぶりの「皆既日食」とやらで、お天道様の光が、お月様にスッポリ遮られてしまう日だそうです。そもそも、この地球上において、生命を授かるものの大半は、その種の起源から今日現在に至るまで、お天道様のお力(太陽エネルギー)に依るところが大である。世界にはお天道様を宗教上の神と崇め奉る国も沢山あります。若者が愛する人に「君は僕の太陽だ!」と求愛の言葉にしたり、太陽(お天道様)という言葉は、いろんなところで、絶対的な物とか、憧れ、崇高な物の例えとして使われてきました。しかるに、CIBのアンクルうっちー、毎日、愛犬パティと散歩しておりますと、向こうからツバの広い帽子を深々と被り、大きなサングラスに襟巻き、長袖シャツに手袋、そして勿論、長ズボンのオバチャンがひたむきに下を向いて歩いてきます。オバチャンはお天道様の光を、これっぽっちも浴びまいと、必死のいでたちなのであります。オバチャンは健康のために散歩はするけど、紫外線を浴びるのは不健康だと思っているのでしょうね。オバチャンは紫外線から美肌を守る為に、前方もよく見えないような格好をして、電信柱に打ち当たっても、ドブに落ち込んでもしょうがないような感じであります。果たして、オバチャンがそれほどまでして、必死に守ろうとしている「オバチャンの美肌」なるものが、それほど魅力的かつ価値あるものなか?なんて大変失礼かつ不届き千万な事を考えながら、うっちーは散歩しているのでございます。オバチャンも紫外線から美肌を守る事も必要ですが、追突や転落にも、くれぐれもお気をつけ下さい。地球環境の悪化でオゾン層の破壊が進み、有害な紫外線の量が増え、テレビの「天気予報」でも「明日の紫外線状況」なんて流れる時代なので気になるのも理解出来ますが、CIBのアンクルうっちー思うに、お天道様や大自然には畏敬の念を持って感謝すべきものであり、決して忌み嫌うべきものではないという事です。お天道様の光を害なるものとして、嫌うのではなく、どうしても避けたい人は、お天道様に対して「私のような者には、もったいのうございますので、ちょっと、ご遠慮申し上げます。」と・・・・こんな気持ちになって欲しいものであります。アハハ・・

 古城堀端公園内の「ちびっこプール」がプール開き。そもそも緑の多い公園内の木陰に設置されているのですが、ここでもオバチャン予備軍の過保護者達が「子供達に紫外線が当たらぬように・・」と、すっぽり、ブルーシートで覆ったのでしょうかね?お天道様の下で、思いっきり水遊びしたいものですが・・・日陰者の独り言ですかねぇ

p1000735

 

 我が家の愛犬パティちゃんは、紫外線の事を気にする事もなく、お天道様の光を浴びながら元気でありますが、さすがにお天道様の有り余る情熱のお陰でノドはカラカラ・・・

p1000731

 

 千年以上もお天道様の光を浴び続けてきた「藤崎台の千年クスノキ群」・・・いよいよ夏であります。愛犬パティも失礼ながら、お天道様のお光をご遠慮申し上げて千年クスノキ様の木陰で寝そべっておりました。

p1000743p1000741

 

 今夜のLiveは「ぺいあのBAND」。ラテンのスタンダードからロックまで聴かせてくれました。

imgp9700imgp9702

人気ブログランキングへ

トラックバックURL

http://cib-co.jp/blog/diary/1015.html/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

« 11 月 2019 11 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30