眠気のしない講義

 今日のCIBでは、宅建江原会の主催で熊本県立大学教授の桑原隆広先生をお招きして、「政令指定都市移行で熊本市はどう変わるか」という講演会が開催されました。桑原先生はCIBのアンクルうっちーの一級先輩で、昭和44年、当時の学生運動の激化により東大の安田講堂も占拠され、歴史上唯一度、東大入試が行われなかった年に京都大学に進まれ(本当は東大だんたんでしょうけど・・)、卒業後は自治省に入省され、いろんな都市での地方行政の実務を経験され、退官後はいわゆる天下りやコネではなく、公募で県立大学に採用されたという、本当に誠実・実直な秀才であります。同じ高校の出身とはいえ、オヤジうっちーのような私立文系の落ちこぼれ組みは、お役人の話とか、大学の先生の話とか聴いてると、すぐ眠くなるのであります。免許センターでの更新時の関係法令の講習、いろんな業界での関係法令等の説明会・・・・・いつも、故意ではありませんが、いつの間にか、しかも長時間眠っております。不真面目なオヤジの体質的な問題もあるかも?ですが、きっと、話が面白くないからでしょうね。

 しかし、桑原先生の「お話し」は、もう4回ほど聴く機会がありましたが、全く眠くなりません。別にユーモアやパフォーマンスが面白いわけでもないのに、面白いのであります。依頼された「演題」にきちっと資料・データを準備されてきて、スライド写真を交えながら、講演されていくスタイルは、まさに「お役人」「学者」「先生」なのでありますが、「演題」に対する先生の視点がするどいので、準備された資料・データは、オヤジ達を「へぇ~」「ほぅ~」と唸らせ、惹きつけられてしまい、眠ってる場合じゃなかとです。熊本市の行政区画審議会・政治倫理審査会・男女共同参画会議等々、多くの会長職を兼務される先生ですが、政令指定都市熊本のご意見番として益々頑張って頂きたいものであります。

 

 今夜は、そんな桑原先生に「全国で20番目の政令市・熊本」「おそらく日本で最後の政令市になるかも?の熊本市」について、たっぷりお話を聴かせて頂きました。いやいや、勉強になりましたぁ~。

p1130209

 

 愛犬パティは今日も快調!、芝生の上を調子に乗ってダッシュし過ぎてしまい、へたり込んでしまいました。舌をビロ~ンと出して、ハァハァ・・・いっております。

p1040504


人気ブログランキングへ

戦争を知らないオヤジ達・・・

♪♪ 戦争が終わって僕らは生まれた♪♪・・・そうです、CIBのアンクルうっちー達は戦争が終わって生まれたのであります。軍国主義・帝国主義における第二次世界大戦での敗北で焼け野原と化した日本を、先輩達が民主主義・自由・平和・・そして繁栄を願い黙々と築いてきたのでありますが、この国の復興・繁栄ぶりに慄いた先進国から日本人は働き過ぎ!勉強し過ぎ!と言われ、週休二日だの、ゆとり教育だのと歩調を合わせ、自由で個人の尊厳・権利が保障され、暴力は絶対的に否定されるという素晴らしい国になったはずなのでありますが・・・・

 学校の先生は、子供達を例え教育上必要と思われる場面であっても、こっぴどく叱ったり、ましてや叩いたりしてはいけません。そんな事したら、モンスターペアレンツ、教育委員会、マスコミから吊るし上げられるからです。

 警察官は、暴走族がどんなに爆音を鳴らし、危険な違法走行をして一般人に迷惑や危険を及ぼしても捕まえる事が出来ません。追跡し過ぎて暴走族が転倒して怪我したり死んだりしたら、不適切な追跡ではなかったか?と責任を問われます。だから暴走族はパトカーが来ても、全く逃げたりしません。パトカーの直前をあざ笑うようにゆっくり蛇行しながら走行します・・・楽しいでしょうね・・・・パトカーで体当たりすればヨカとに!・・・街中では酔っ払いの不良ヤンキーが、父親くらいの年齢の警察官に「なんや!なんか文句あっとか?こんポリ公が・・・」と食って掛ります・・・警察官は手を後ろに組んで冷静に諭すばかり・・・・警棒で死ぬごて打てばヨカよに!・・・・と思うのはオヤジうっちーの危険思想でしょうか?

 防衛省も海上保安庁も「専守防衛」ですから、例え国境を侵犯されても、相手が攻撃してこない限り決してこちらから攻撃する事はありません。だから、北朝鮮からの工作船もバンバンやって来て日本人を拉致していきます。中国の漁船も平気でやって来ます。そりゃそうですよね、絶対、攻撃されないと判ってるんですから・・・・そして、もし、捕まっても、処分保留で国に帰れるのですから・・・・

 先日のブログで尖閣諸島問題でオヤジうっちーも怒り爆発でございましたが、腰抜けなのは民主党政権だけでしょうか?黒塗りの大きな街宣車で「護国」「愛国」を声高に私達に訴えている全国の皆さんが集結して、尖閣諸島に乗り込んだりはなさらないのでしょうか?そして、オヤジうっちーを含む私達日本国民は、家の中で、ただグダ~ッと酒でも呑んでテレビを観ながら頭の中で考え、怒るだけで何にもしません・・・中国人の皆さんは即座に反応して、あちこちで集会やら抗議デモであります・・・あれは中国人が日本人より常識や教養や世界観なく、劣っているからでありましょうか?・・・あ~、すっかり腐って腰抜けになってしまったのは我なり・・・トホホ・・

 

 今夜のCIBのLiveはLatinのぺいあのBAND。オヤジバンド大会に応募していたのですが、第一段階のテープ・書類審査で落ちてしもうたとです。やっぱ、添付した写真がイカンかったとでしょうか?Live終了後の打上げでも、ドン・大渕は「オレ達が何故落ちたのか?判らん・・・」と、いつもの元気もなく、放心状態!であります。あ~、最近、ヨカこつはいっちょんなか!であります。

p1130205p1130208

 


人気ブログランキングへ

Rock’n Roll Party!!

 酒場通り、松島ビル2Fの酒菜処「三崎亭」のマスター・宮原トシちゃんが率いるRock’n Roll Band「火の国ギャンブラーズ」のRock’n Roll Partyが今夜CIBで炸裂!しました。

 メーンボーカルはトシちゃんの弟、そして二人の娘がピアノとコーラスを担当するFamily Band。いやいや、今夜もご機嫌、Nice! Rock’n Roll Night!!でございます。

p1130180p1130185

 

 

 幕間に登場したのは、これまたCIBアンクルうっちーの最近の一押しバンド!Punk Rock!の New  Golden Half!!・・・・New Halfといってもオカマちゃんじゃぁありません。アラフォーの素敵なお姉さま方なのでありますが、良妻賢母風の普段の姿と打って変わった、その豹変振り、そのギャップは、も~う一見の価値有り!であります。

p1130169p1130177

 

 

 恥ずかしがりやの熊本人・・・最初はダンサーもパラパラでしたが、やがて全員総立の踊れや!踊れ!の大盛り上がりでございました

p1130192p1130196


人気ブログランキングへ

つるべ落とし

 「秋の陽のつるべ落とし」と申しますが、本当に秋が深まるに連れ、お日様が井戸のつるべの如くストンと沈んでしまいますね。最近の尖閣列島問題に於ける中国とのやりとりを聞いてると、日本という国の尊厳や権威が「つるべ落とし」の如く、ストンと落ちてしまいましたね・・・粛々とした大人の対応なのでありましょうか??・・・CIBのアンクルうっちー、政治的な事をこのブログで物申すつもりは毛頭ございませんが、日本国民の一人として、唯々、口惜しか!であります。腹ん立ってしょんなかであります。あ~、ニッポンはどげんなっとでしょうか?なんでも、尖閣列島は個人の所有地らしいそうですから、地主さんにお願いして土地を借りて家でも建ててみますかね?・・・あっ、すんません・・・オヤジうっちー、家を建てるお金ば持たんかったです・・・情けなかです・・・。

 

 どうしようもないので、癒し犬パティと久しぶりに「気晴らしの散歩」に行って参りました。涼しくなってパティもやっと元気になってきました。藤崎台から見える新幹線の高架や段山・島崎方面・・・早く新幹線が走る姿を見たいものであります。

p1040493p1040495

 

 

 今夜のCIBでは、TAKUROUSHIHOさんのブライダル二次会が行われました。TAKUROUさんには日本政府のように、言われっ放し、逃げ腰、腰砕け・・・にならぬよう、頑張って欲しいものです。頑張れ~っ!!

p1130135p1130137

 

 出席者によるギターの弾語りや、歌も飛び出し、とっても楽しいパーティとなりました。

p1130140p1130142


人気ブログランキングへ

モヒカーノ 関 & Latin Jazz 四重奏団

 今夜のCIBは「モヒカーノ 関Latin Jazz 四重奏団」の超・超・最高!のLiveで大いに盛り上がりました。やっぱり百戦錬磨の大御所達の演奏は聴き応えがありますね。「モヒカーノ・関(せき)」さん・・・・たまに区切りを間違えた人から「モヒカ・一ノ関(いちのせき)」さんと呼ばれるそうでありますが、モヒカン刈りの頭がトレードマークの素敵なオジサマでありました。

 モヒカーノ・関(pf)、高橋ゲタ夫(Bs)、藤田明夫(Sax,Fl)、平川象士(Dr)の面々・・・ドラムの平川さんが39歳で、他のお三方は皆さん50を過ぎていらっしゃるのですが、その演奏はさることながら、若い!かっこいい!であります。

p1130126p1130127

 

 

 満員のお客さんも素晴らしい演奏に大満足!であります。フィナーレはOpening Actで演奏した「ぺいあのBAND」やお客さんも参加しての大合奏・大合唱・・・「ラ・バンバ」のリズムに乗ってダンスも始まり、全員総立ちの盛り上がりようでございました。

p1130125p1130133

 

 CIBでの「打上げ会」の後は、本日のライブの仕掛け人でもあります、我等がドン・大渕さんの心遣いで、チケット販売でお世話になったお店に大挙して「お礼参り」でございます。本当に頭の下がるお方でございます。写真は銀座通りCTY-7ビル7階にある「アンサンブル」での一コマ。かなり深夜になりましたが、モヒカーノさんも綺麗なお姉さんに挟まれて突然復活!でございます。真夜中のSpecial Live!まで始まりました。明日の福岡での公演は大丈夫ですかぁ~??

p1040500p1040501


人気ブログランキングへ

いきなり秋・・・です。

 CIBのアンクルうっちー、心の準備も衣替えの準備も何も出来ないままに、いきなり秋がやってきました。さすがに「秋分の日」であります。昨日より気温が6度低いそうです。いつもの様に半袖Tシャツでチャリに乗っていたら、肌寒かったであります。

 「国民の祝日に関する法律」では「秋分の日」は天文観測による「秋分日」とされていて、正式な日付は前年2月に国立天文台が発表することになっているそうです。 天文観測による「秋分日」は太陽が黄道上の秋分点を通過する瞬間を含む日のことですが、太陽が秋分点を通過してから次に秋分点を通過するまでの周期(太陽年)は365日+約5時間49分という端数となり、 そのため、「秋分日」はたいていは9月23日ですが、年によっては9月24日になったり9月22日になったりするのだそうです。

「秋分の日」が何をする日かといえば、「国民の祝日に関する法律」では《祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ》日とされています。もっとも、これは国が特定の宗教行事にかかわる日を祝日とすることはできないために、このように定められているわけですが…。一般的には、秋分の日を中日として前後3日の計7日間は秋の彼岸であり、この期間には墓参りなどの先祖供養を行ない、「おはぎ」(お萩)を食べたりします。ちなみに、「春分の日」の春の彼岸のときは同じものを「おはぎ」(お萩)ではなく「ぼたもち」(牡丹餅)と呼ぶのだそうです。

 あ~、また、いらんこつまで勉強してしまいました・・・忙しかとに・・・うっちーは「おはぎ」も大好きです。

 

 CIBのランチバイキング!!まだ始まって1週間ですが、お陰様で今の所、連日好調!のようであります。空席待ちのお客さんが並んだりされているので、早急にいろいろ改善せねば!・・・であります。

p1130113p1130114

 

 

CIBの今夜のLiveはCIB BANDの予定でしたが、メンバーの都合により変更となり、ORANGEの二人が穴を埋めてくれました。しかしながら、秋の夜長にバイオリンの音色は、また一段と心にしみるでございます。

p1130118p1130120


人気ブログランキングへ

全国区にしたい

 CIBのアンクルうっちーの先輩・K山さんの事が、先日の熊日新聞に載っていました。熊本在住の詩人・伊藤比呂美さんが毎月2回寄稿されている「熊本文学隊・隊長日誌」の中に紹介されていたのです。K山さんは、うっちーより一級先輩、もともと学生の頃からいつも麻雀ばかりしていた雀友なのですが、K山さんが「お祭り」に夢中になるに連れ、うっちーもいつの間にか「祭り仲間」になってなってしまいました。そんなK山さんの「お祭り」に対する熱き想い・・・ちょっと感動したので、長くなりますが、転載します。

 (熊本日日新聞9月18日朝刊より)

 随兵寒合(がんや)涼しくなりました。パーマをかけにいって、面白い話を聞いた。熊本市三年坂の「ぱーま屋ていこ」に25年近く通っている。店長のK山さんは今年還暦、威風堂々としてグレーの髭が粋である。話題は豊富で人柄は思慮深い。昔はやんちゃだった?と思わせる雰囲気もある。鋭い指先で、あたしの注文する髪型を、つまりは、あたしらしさを表現してくれる。信頼できる美容師さんにめぐりあえて本当にラッキーだった。

 で、藤崎宮秋の例大祭

 K山さんは江原会の第三代総取締である。この祭りがK山さんの生きがいの一つなのは、長年のつきあいで知っていた。ところが「今年は出られないんですよ」と。ただ事じゃないので訳を聞くと「飾馬奉納の奉賛会」の理事になったから当日は忙しくて踊っていられないと言うのである。

 奉賛会は祭りをよくするための会である。この頃は風紀が乱れすぎ、泥酔して祭りに出たり、深夜や早朝に練習して迷惑をかけたり、このままでは祭りがダメになると危機感を募らせて、K山さん世代の人達が立ち上げた。

 あたしが熊本にやって来たのは25年前の9月2日、居を構えたのは黒髪の済々黌裏である。なんだかいつも太鼓やラッパが聞こえると思っていたが、当日の朝になって驚いた。済々黌の周辺は、出陣前みたいな熱気でつつまれ人々が夢中で踊っていた。

 次の年にはあたしも参加した。素晴らしい体験であった。熟練した踊り手の手振りは粋である。かけ声はきわどくて崇高である。馬や人間の肉体がエネルギーを注ぎ込む。ラッパが日本離れしたリズムを浮き立たせる。

 五穀豊穣、繁茂と繁殖、馬と人、静と動、聖と俗・・・この祭りにかきたてられて、詩がいくつも書けた。しかし、不思議なのはこれが熊本以外に知られてない事だった。

 髪を切りながらK山さんも力説した。「熊本以外には知られてない、これを全国区にしたい」と。

 地元はこんなに楽しんで真剣にやっているのに曲解されてる部分が多い。呼称の問題、動物虐待の問題、風紀の乱れ。それで行政もメディアも積極的でない。そこを今の時代に合わせて整える。神事はおごそかに。飾馬は騒ぎまくってカーニバルみたいに。そしたらきっと全国に知られる。人も来る。熊本も活気づく。

 熊本文学隊が文学で考えているようなことを言われたので感動した。同士である。

 「奉賛会といっても、ただ取り締まるだけじゃだめなんです。原点に戻ってみようと思って、今、お宮さんのことも祭りのことも、みんなで勉強してますよ。筋道をつけて次の世代にしっかり渡したい。ま、1年じゃ無理だから数年後の仕上げをごろうじろ」とK山さんが言ったところで髪ができた。「山姥(やまんば)みたいに」という注文どおり、くるくる逆立つ髪の獰猛(どうもう)なおばさんが鏡の中におりました。(以上、熊日新聞からの転載)

 この祭りににおける風紀の乱れ等を是正していく事は、これからの若い世代の人達への教育にも繋がるものであると確信します。スポーツにも、音楽にも、祭りにもルールやマナーは不可欠であり、観たり聴いたりしている人達の共感や感動が得られなければ、プレイする者にも「やりがい」「達成感」が得られません。「規制が厳しくて全然面白くない・・・」という声もありますが、商店街や近隣住民の方々への迷惑も顧みず、ルールもマナーもない、ハメをはずしたおバカ騒ぎをする事が「お祭り」でありませんよね。

 

 CIB、今夜のLiveはCorinna with The BAND。最高に大人な雰囲気のこのBANDの演奏にお客さんも大満足!

p1130108p1130106

 

 今日は水曜日なのになんで?お客さんが多いのか?って思ったら、明日は「秋分の日」でお休みなんですね。あ~、やっぱ、Happy Mondayなんて止めて、祝祭日は元に戻して欲しいものでります。

p1130111


人気ブログランキングへ

祭りの後・・・

 いやいや、賑やかなお祭りも終わり、街中も異様なほど静かなもんであります。CIBのアンクルうっちーも昨夜は「爆睡」でありました。「祭りの後」はいつも静かでありますが、「後の祭り」は何で「手遅れ」って事になるのか?また、いたらぬ事を考えてしまい、調べてみましたら、諸説があるようですが、一つは、京都八坂神社の祇園祭で、山鉾と呼ばれる豪華な山車が沢山繰り出される7月17日の山鉾巡行を「前の祭り」、還車の行事を「後の祭り」と言い、「後の祭り」には山鉾も出ず、賑やかさがなく、見物に行っても意味が無い事から、「手遅れ」の意味になったとする説。二つ目は、葬式や法事など故人の霊を祭ることで、亡くなった後に盛大な儀式をしても仕方ない事から、後悔の念や手遅れの意味で使われるようになったとする説・・・還暦前のオヤジが、今さらこんな事を調べてる事自体が「後の祭り」であります。

 

 今夜のCIBのLiveは、三人組のVocal Unit: AROMA。「祭りの後」にふさわしい、癒されるような美しいハーモニーを今夜もたっぷり聴かせてくれました。

p1130101p1130105

 

 

 初めてご来店の県外から来られた?と思われるお二人、楽しそうにAROMAのLiveを聴いておられました。

p1130102


人気ブログランキングへ

祭りだ!祭りだ!

 今日は藤崎宮秋季例大祭、朝から晩までドンツク、ドンツク、パカパァ~パ♪・・・と、まぁ、賑やかなお祭りでございます。CIBのアンクルうっちーも、殆ど徹夜状態で参加して参りました。前夜、お店は12時過ぎには閉めて帰ったのでありますが、いつもの習慣でなかなか眠れません・・・深夜、テレビのドキュメンタリー番組で、壮絶とも言える老人介護の実態が放映されておりました。二つのケースとも年老いた男性が、母親や妻の介護を長年に渡り行っている場面でしたが、まさに壮絶・・・であります。オヤジうっちーも「自分には出来るだろうか?」「自分が痴呆になったら・・・」と、いろんな事を考えさせられたであります。懸命に介護を続ける男性は「神に与えられた試練に、無駄なことは無い、乗り越えられないものは無い!」という言葉に自己を奮起させていましたが、いやいや、「健康でない長生き」ってのは、本人も周りも苦しそう・・辛そう・・でございました。

 経済の高度成長、バブル時代、少子化、核家族化、家庭内暴力、医療の進歩、長寿社会、介護問題、そして未曾有の不景気時代・・・就職難、派遣社員、ワーキングプア、ホームレス・・・日本という国は豊かなのか貧しいのか?これからどうなるのか?誰も体験した事のない困難な時代になりそうであります。

 そんな、ちょっと暗い気持ちになって朝随兵に出かけて行きましたが、集合場所に着くと、去年まで一緒にラッパを吹いていた、うっちーより10歳も若い後輩(といっても50歳)が、今年はラッパを手にしておりません・・・「あれっ!ラッパは吹かんとや?」と尋ねると、後輩は自分の頭を指差して「先輩、もう、やたらしよっと、血管がプチッで切るっですよ」・・・・彼は「長生き」を目指しているようであります。オヤジうっちーは言いました「うんにゃ、オラ、そっでよか!」・・・すかさず後輩が「先輩、中途半端はいかんですよ!」・・・あぁ~、さっきの番組を思い出してしもうた。

 

 血管が切れるのを心配した訳では有りませんが、夜は友人の来店予約が入っていたので、「夕随兵」は断念して、お店に帰りました。オヤジうっちーの所属する「青年江原会」がCIBの前を通る様子です。頑張れ~っ!!

p1040487p1040488

 

 外は「お祭り」ですが、店内はORANGEによる、Piano&Violinの静かで素敵な演奏であります。彼らの演奏に感動した友人の兄ちゃんが二人に「お花」をプレゼント。

p1130095


人気ブログランキングへ

発表会&同窓会

 今日は「CIBのランチバイキング」もお休み、お昼からは恒例となった「山口晶子ピアノ教室」の発表会が開催されました。可愛らしい子供から大人まで、いつもながらのアットホームな雰囲気に包まれた、楽しい発表会です。「アットホーム」と言っても、演奏している本人達は緊張して大変なのでしょうけどね?

p1130071p1130075

 

 

 夕方からは「平成9年卒 宇土高校同窓会」が開催されました。平成9年卒だから13年前の卒業なので、皆さん31歳ってことになりますね。41年前に高校卒業したCIBのアンクルうっちーに比べれば、まだまだ、超・若者でありますが、それでも、あっちこっちで「わぁ~、久しぶり・・」「うぉ~、懐かしい・・」の声が上がっておりました。宇土高校の校風なのか?皆さん、穏やかで真面目そうな人が多かったであります。

p1130079p1130080

 

 

CIB 今夜のLiveは、東京からのツアーで立ち寄ってくれた「セキシリカ」の皆さん、日曜日・・・しかも、貸切Partyの後で、お客さんが少なかったですが、Club Jazz系のサウンドを存分に聴かせてくれました。

p1130085p1130091


人気ブログランキングへ

« 8 月 2010 9 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 10 月 »