3月28日(土) さようなら「どん底」

 CIBのアンクルうっちーの嫁の実家であります、上の裏通りの「大衆酒蔵 どん底」が30年の歴史に終止符を打つ事になりました。1979年4月1日に義父が、いわゆる脱サラで「どん底」を引き継いでからちょうど30年。義父も70歳となり、区切りのよいところで暖簾をたたむ事を決意したようです。 
「どん底」という名前と、最近では見られない昔ながらのレトロな大衆居酒屋の雰囲気を自然にかもし出していた店には、沢山の熱烈な老若男女の顧客がおり、「俺たちの行く所がなくなる」と閉店延期を願う声も出ておりましたが、惜しまれながらも、今日で今日で閉店となりました。長い間、お疲れさまでした桜




 今夜のライブは京都からのジャズ・ピアニスト京極雪之介さん。力強く、そして繊細な京極さんの演奏が今夜もファンを魅了していました。


 本日、お誕生日のサキさん。同伴の男性から彼女の為に「エリーゼのために」を京極さんに弾いて下さいとリクエストされ、うっちーも「チョット京極さんのジャズピアノとはジャンルが違うかな?」と思ったんですが、さすが、京極さん、SATOKOマネージャーによる「Happy Birthday」のあと、即興ジャズアレンジで「エリーゼのために」を弾いて頂いたんですが、お客様はお話に夢中で・・・・・・暫くしてから「エリーゼのためには弾いてもらえなかったんですね」・・・・・うっちーも京極さんもチョット寂しかったデスうるうる
 でも、お誕生日おめでと~ックラッカーパチパチ




 


人気ブログランキングへ

3月27日(金) 加藤清正公をNHK大河ドラマに!

 CIBのアンクルうっちー、昨日は異業種交流会「フレンドリークラブ九州」の第120回例会に参加して参りましたが、会の冒頭で「加藤清正をNHKの大河ドラマの主人公に・・」という署名運動のために加藤神社から湯田禰宜(ごんねぎ)が来られてお話がございました。うっちーも昨年秋のNHK番組「その時歴史は動いた」を観て、豊臣秀吉・秀頼親子に命がけで忠誠を尽くしきった加藤清正に改めて感動した
ところでした。実現したら、きっと素晴しい「大河ドラマ」が生まれると思います。
 写真左はマスコット人形の清正君と共に署名のお願いをする加藤神社の湯田禰宜(ごんねぎ)と右はフレンドリークラブ九州の山下代表。


(桜は満開)藤崎台下にある清爽園(左)と第一高校西側の古城堀端公園(右)


 今夜のライブは豊田隆博ジャズピアノ・トリオ。熊本の大ベテラントリオの演奏はいつも最高!


 今夜のCIB、歓送迎会のお客様で結構賑わっておりました。ご来店、有難うございま~す


人気ブログランキングへ

3月26日(木) 還暦の誕生祝い

 今日はCIBのアンクルうっちーの姉ちゃんの60歳・還暦の誕生日でありました。先週、初めてCIBに来たうっちーの母ちゃんも今年の8月で88歳・米寿になります。
うっちーも二人を追い越すことも無く、今年で58歳になりますが、なんとか死ぬ時も二人を追い越しませんように、神様、お願いしま~す。えーっと…

 
(桜は満開) 写真左は熊本城の羊申櫓下の桜と、右は不開門前の桜。


 今夜のライブはCIBのアンクルうっちー&マネージャー・SATOKOがボーカルを努めるCTTB。
お客さんもノリノリで踊って頂いて、盛り上がったUPであります。グッ


今年還暦を迎えた姉(右一番前)ですが、今夜は珍しく和服なんか着ておりました。今夜は平日だけど歓送迎会などのお客様が多数ご来店頂きました。


人気ブログランキングへ

2009 3 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 4 月 »